第一級陸上特殊無線技士

第一級陸上特殊無線技士

第一級陸上特殊無線技士とは、携帯電話基地局、衛星通信、防災無線、マイクロ通信等の無線通信機器の技術操作、監督、点検、保守に従事する際に必須な国家資格です。
具体的には、国や地方自治体が設置した防災行政無線、通信事業者が設置した固定無線通信回線、あるいは放送事業者が設置したテレビ中継無線通信回線用の多重無線装置など無線設備の技術操作を行うことができます。
また、無線局の無線設備の技術操作または操作の監督を行うことだけではなく、基地局や陸上移動局などの無線設備を点検し、保守を行う登録点検事業者として従事することができます。地方自治体(防災)、通信事業社、無線設備メーカー、テレビ中継会社等に就職するには大変有利な資格です。